【東フィンランド大学】音楽室に潜入!ピアノや楽器が使い放題!? 

東フィンランド大学
SNSフォロー

今日はみなさんを東フィンランド大学の音楽室へとお連れします!

なかでも、なかなか見つけることが難しい「秘密のピアノの部屋」への行き方は必見です。

音楽室の場所

東フィンランド大学にはキャンパスが3つあります。

大学は高さがない代わりに、敷地が膨大です。

 

音楽室はEduca buildingという棟にあります。

メインキャンパスから大きな道一本隔てて向こう側なので、ちょっとだけ遠いです。

私は行き方がわからず一度苦戦しましたが、メインキャンパスの庭を突っ切ると、

道路の下を通れるトンネルがあるので、そこから行けばEducaにすんなり着けます。

 

Educa 2階や3階

ここは私が好きな音楽室の一つ。

部屋がとても広くて、清潔な絨毯の床になっています。

もちろん靴を脱いで入ります。

ギターやマリンバ、ドラム、ピアノなど、なにからなにまで揃っています。

アフリカンパーカッションもそろっています。

教室の中央には、うちのテレビの3倍も大きいテレビが設置されています。

生徒たちは空き時間にこの部屋を自由に使えます。

私たちもこのテレビでYoutubeを見ながら、ダンスを練習していました。

 

フィンランドあるあるなのですが、なぜか各部屋の隅に水道が置いてあります。

普通の授業部屋でも同じです。音楽室の部屋の隅にもありました。

フィンランド、特にヨエンスーの水道水は、スーパーに売っている水よりも清潔という噂です。

生徒たちは手を洗うだけではなく、水筒の水を貯めるためにもこの水を使います。

なんの変な味もせず、天然水そのもので、とてもおいしい水です。

 

秘密の部屋

お待たせしました、秘密の部屋へとご案内します。

秘密の部屋へ行くには、カフェのある一階の隅の螺旋階段を使い、地下へと降ります。

すると、使われなくなった古いピアノが雑多においてあります。

私は以前秘密の部屋を知らずに、ここのピアノ置き場でピアノを練習していたところ、

通りすがりの先生に秘密の部屋のことを教えてもらいました。

ここには、ピアノの山の横に、なぜか卓球台もおいてあり、自由に使うことができます。

 

さて、秘密の部屋はこのピアノ置き場の左隅にあります。

男子トイレの右横の、トイレとなんら見た目が変わらないドア。

(なんも言われなかったら絶対に気が付かない!)

Soittohuoneet 1-18と書いてあります。

このドアを開くと…. 廊下につながり、たくさんの小部屋があります。

各小部屋の中は….ピアノです!

ここが秘密の部屋。なんと、誰にも見られず、自分だけでピアノを練習できるのです。

日本の大学にもこんなのがあったらいいのに…(泣)

 

フィンランドでは公共の図書館にも、自由に誰もが弾ける楽器が置いてあります。

「家庭のお金事情に関わらず、誰もが音楽の世界にアクセスできるように」

という、フィンランドの教育の基本理念である “機会の平等” がここでも見受けられます。

フィンランドの伝統の楽器、カンテレもその辺の机に置いてありました。

 

その他東フィンランド大学の記事はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました