【続編】味に正直なフィンランド人

ヨエンスー
SNSフォロー

 

 

フィンランド人は自分の気持ちにとても正直。

ごはん時でも、正直さは変わりません。

「え、どうどう味??」

「(まぁ、味普通だけど褒めとくか)え、めっちゃおいしーい!!」

「え?ほんとにー!?本気で言ってるー?え、めっちゃ嬉しい!やった~!」

 

…なんていう、やりとりはありません。

 

 

「・・・・・」

を、(「めっちゃおいしいです!!!」)と、脳内変換し、一人で

 

「(そうかそうか、たんまりお食べヽ(=´▽`=)ノ….)」

と心の中での会話を楽しんでください。

 

…と、そんな余裕かましてると、

ちょっと味薄い。

と突然の喝を入れられて、勝手に裏切られた気持ちになります。

 

たまに気配り上手な人は「おいしいね」とほめてくれますが、

基本は、他人が作った料理でも配慮はなんのその。

ありのまま、素のままでいる、それが彼らの良い所です。

もちろん個人差あります。もしお宅のご主人がめっちゃ料理をほめてくれる人ならラッキー!ひっそりほくそ笑んでください

 

VisitFinlandのホームページの「フィンランド人ってどんな人たち?」では、

おうちにお呼ばれしても、ゲストにはおうちのようにくつろいでもらうことがホストの喜びであり、

おしゃれなんてせず、友達と水入らずで楽しいおしゃべりをすることが大切、と紹介されています。

 

見栄を張らずに、自虐で他人を笑わせる。

そんな話し方からも、彼らの ”素” で交流する姿勢が読み取れます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました