【コリ国立公園 徹底解説】季節ごとの服装、得する宿泊や行き方まで ローカルのアドバイス

ヨエンスー
SNSフォロー

コリ国立公園とは

 

― シベリウスが名作「フィンランディア」をかき上げた地 ―

それこそが、フィンランドの誇る名景、コリ国立公園なのである。

フィンランド語で「Kolin kansallispuisto」。

 

今回は、コリ国立公園を愛してやまないヨエンスー住民の私が、
全シーズンを制覇した経験から、コリ国立公園への観光をアドバイスします!

 

コリの場所

フィンランドの東、北カレリアに位置し、

リエクサ町にありますが、湖を隔てて、ヨエンスー市とコンティオラハティ町と同じ側にあります。

コリ国立公園に最も近い都会(?)がヨエンスー です。

 

コリの山々

コリの山は、(コースによりますが)日本の山と比べるととても登りやすいです。

そこらに他の大きな山が全くないので、

地平線まで平べったい森林が続いていく光景を見下ろすことができます。

 

また、全体的に岩が多く、写真のように傾斜が多くなっています。

よく言えば、お昼ごはんを食べるときに腰を下ろすのに最適ですが、

悪く言えば、滑りやすいので、靴の滑り止めがちゃんと効くか確かめておきましょう。

山頂の名前は、

Ukko-Koli (347m) ― 「おじさんコリ山」
Akka-Koli (339m) ― 「おばさんコリ山」
Paha-Koli (334m) ― 「悪いコリ山」
Pieni-Koli (238m) ― 「小さいコリ山」

最も高いポイントは、354mです。

 

おすすめの季節

おすすめの季節は….ずばりありません。

春夏秋冬、いつ行っても、その季節の美しさがあり、

全く飽きることがない のです。

 

春 kevät (4月~5月頃)

フィンランドの春は、一瞬!

春と言っても、

フィンランドの春は、私たち日本人にとって半ばまだ冬です。

春のKoliはもちろん、あちらこちらに雪がたくさん残っています。

スニーカーで行った私は、つるつる滑りまくり、こけまくりました。

準備できる人はちゃんと登山靴で。

(普通のトラックを歩く分にはスニーカーでよいと思います)

服装
脱ぎ着のしやすい軽い長そでを持参し、
中は(5月頃であれば)半袖でもよいかもしれません。

 

 

夏 kesä (6月~8月頃)

夏、特に6月頃は、蚊が大量発生しているので注意が必要です。

蚊よけグッズを持ってくるのを忘れないようにしましょう。

服装
夏といっても “寒い” と思う日があるので、
ほぼ春と同じ服装で。(中半そで、上長袖のジャケット)

 

秋 syksy (9月~11月頃)

秋は、コリが真っ黄色に染まる季節です。

言わずもがな、言葉を失う絶景です。

https://www.visitfinland.com/article/experience-the-finnish-national-park/finland_koli_national_park_autumn/

秋は少し雨が降る日が多かったり、風の強い日があったりして、

安定した天候の日を狙うのが少々難しい季節です。

雨の時はコテージでゆっくり、晴れたら山登りしよう、ということができるように、

少し余裕を持った日程を組むと良いでしょう。

服装
レインコートやウィンドブレーカーなどの上着が適切。
初秋は暑い日もまだ残っているため、いつでも半そでになれるような重ね着がおすすめ。
晩秋は雪が降ったりするくらい寒くなる日があるため、厚めの長袖を中に着ておきましょう。

 

冬 talvi (11月頃~3月)

どれも選べませんが、筆者は個人的に

冬に見た景色が一番圧巻の光景だと思いました。

空が虹色に染まり、

オーロラに匹敵する美しさでした。

この記事のカバー写真を撮った時。

その時の光景は、まさに、夢と現実の境目でした。

 

ただ、冬はハイキングコースに設置されている階段が凍りつき、もはや滑り台のようになっています。

場所によっては少し危険な季節ですので、登山の際は複数人で行くことをおすすめします。

 

服装

風の強い日は少ないので、意外と思ったより暖かいのがフィンランドの冬。
登山していると暑くなってくるので、
分厚いダウンを着るよりも何枚も温かい服を重ねる方がおすすめ。
私は長袖+ライトダウンジャケット+厚めのレインコートで十分でした。とはいえ、足は雪の中を歩くので冷えます!
できれば冬用の靴(フィンランド人のブーツの使用率は低いですが、ブーツの方が靴の中に雪が入り込まないのでおすすめ)+あったかタイツをズボンの下に着ましょう

 

服装や靴のポイント、季節ごとの正しい服の着こなし方についてはこちら!

【写真付き】ヨエンスーの冬のすべて 寒さの目安や防寒対策!

あああああああああああああ
あああああああああああああ
冬のコリでスキーしよう!

また、冬はスキーやスノーシューが借りられるため、

アクティビティにバリエーションが出てまた違った面白さが。

北カレリアでダウンヒルスキーをしたいならコリ!
スノーシューなどのレンタルはこちらから
Webshop
また、ダウンヒルスキーのスキー板やスノボ板、コースや料金の詳細はこちらから。
Go downhill skiing
Kolin kansallispuiston kupeessa laskijaa odottaa Ukko-Kolin hiihtokeskus. Koettavissa on eteläisen Suomen haastavimmat ja koko perheelle hupia tarjoavat rinteet...

ああああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああああ

交通手段 ~ヘルシンキからヨエンスーまで~

こちらで詳しく解説しています。

【ヘルシンキ~ヨエンスー】

【ヨエンスー住民が解説】ヘルシンキからヨエンスーまでの交通手段【Kamppiバス乗り場】
Kamppiでのバスターミナルまでの行き方も写真付きで紹介。ヨエンスーへの行き方、レンタカー、バス、電車、飛行機、それぞれの交通手段について解説しています。

【飛行機で来る人へ:ヨエンスー空港から市内まで】

【ヨエンスー住民が解説】ヨエンスー空港とヨエンスー市内間の交通手段&ヨエンスー内での移動手段
ヨエンスー市内からヨエンスー空港に行くには?ヨエンスー市内でバスを利用するには?ヨエンスー空港からヨエンスー市内に行くには?ローカルだからわかる、細かい注意点も盛りだくさん。

 

交通手段 ~ヨエンスーからコリまで~

レンタカー
所要時間:ヨエンスーから1時間ほど

フィンランド人は基本的にコリへは自家用車で来ます。

ローカル気分で、コリへの途中の道で寄り道したり、森林の風景をゆっくり楽しみたい人向け。

こちらでレンタカーの借り方を詳しく説明しています。

【さくっとまるわかり!】得する保険?返却時の注意点?レンタカー旅 in フィンランド
レンタカーでフィンランドを回った経験を元に、フィンランドでレンタカーを借りる方法を一から説明します。また、得する保険の入り方など、読んだら得する情報満載!

レンタカーでコリに訪問される方へ

こちらのParking lot1にて駐車することができます。

この駐車場からケーブルカーがUkko-koli山の登頂開始場所に向かって伸びているので、

このケーブルカーを使って上へ上ってください(無料)

 

 

このストリートビューをぐるっと回してもらうとわかりますが、ここがコリの駐車場です。

コリの下町に車を置いてくる必要はなく、この山の中腹にて駐車することが可能です。

 

コリ専用駐車場から山頂(登山スタート地点)までは、このストリートビューの左側に見えている、

無料ケーブルカーを使って移動します。3分で着きます。

(もし自分の足で登りたければ、ケーブルカーの下に階段もあります)

 

ソコスコリホテルの宿泊者は、山頂のホテルの駐車場に車を停めることができます。山頂に向かうには、このままストリートビューの駐車場を通り過ぎて、道をまっすぐ進んでください。

 

 

 

乗り合いタクシー(小型シャトルバス)
所要時間:ヨエンスーから最短で1時間。

ヨエンスーから観光客がコリに訪れる最も一般的な手段です。

ヨエンスーとコリの間で運行しています。

 

・予約は 電話予約 のみ

前日の事前予約 がおすすめされています。

・料金は 一人32€

・プライベートタクシーと乗り合いタクシーのどちらかが選択できます。電話予約の際に伝えましょう。

・ドア to ドアのため、他の人の予約状況により、Joensuu空港やJoensuu駅にも行く可能性あり。

 空港に迎えに来てくれるよう指定する場合は、追加料金で5€かかります。

空港以外の場所(例えばJoensuuの中心街)などに来てもらう場合、決まった場所はありません。

電話の際に、どこどこに来てほしいと指摘するか、または、向こうが提案してくれます。

私たちの場合は、ヨエンスーの中心街の Carelicum の前に来てもらいました。

ヨエンスー市のインフォメーションセンターであるCarelicumは待合場所にぴったり。

迷ったらここをおすすめします。

 

 

< 2020年 2月10日~4月12日 運行時間帯 >

ヨエンスー to コリ:
月~金 11.50 am から 6 pm  土&日 9.00 am から 6 pm

コリ to ヨエンスー:
月~金 10.15 am から 4.40 pm 土&日 7.30 am から 3.40 pm

< 2020年 4月13日~11月1日 運行時間帯 >

ヨエンスー to コリ:
月~日 11.50 am から 6 pm

コリ to ヨエンスー:
月~日 10.40 am から 4.40 pm

< 2020年 11月2日~12月20日 運行時間帯 >

ヨエンスー to コリ:
金~日 11.40 am から 6 pm

コリ to ヨエンスー:
金~日 10.40 am から 4.40 pm

< 2020年 12月21日~12月31日 運行時間帯 >

ヨエンスー to コリ:
月~日 11.50 am から 6 pm

コリ to ヨエンスー:
月~日 10.40 am から 4.40 pm

 

予約はこちらから +358 20 741 4392
HPはこちら:
普通のタクシー

乗り合いタクシーとは別に、普通のタクシーもあります。

人数によっては、こちらのタクシーの方が乗り合いよりもお得になります!

タクシー:1–4人 140 €
タクシー:5–8人 175 €
バス:9–19人 210 €
バス:20–29人 245 €
バス:30–58人 280 €

予約はこちらから。

Kolin taksipalvelu Oy
メール:asiakaspalvelu@kolintaksi.fi
電話:+358 207 414 391
Kolin Taksipalvelu
Taksi, tIlausajot, koli-Joensuu

 

自転車

Joensuuに自転車貸し借りのできる場所があるので、可能ではありますが、

Koliまでアップダウンが激しく、しかもヨエンスーから7時間かかるので全力でおすすめしません。

 

ヨエンスーで自転車が借りれる場所はここ!

Joensuun Kansalaistalo 

 

 

 

宿泊施設

とっても安くて、たくさんの人が泊まれるコテージ!

料金:大人3人で1泊5000円から
おすすめの人数:3人以上

私がおすすめするのは、この大人数用コテージ。

たいてい5人くらいの宿泊客を想定しているコテージが、Koli周辺にはたくさんあるのです。

そして、それが 破格の安さ!!

泊らないとほんとに損!

かつて友達 8人で無理やり泊った(6人用コテージでした)コテージでは、
2泊で一人20€(2300円くらい)でした。
Booking.comでの検索例を、少し下に載せておきます。
Lomakylä Timitraniemi, リエクサ, フィンランド
リエクサ、Lomakylä Timitraniemi – 予約はすべて最安値保証!Booking.com:クチコミ265件、 写真45枚を提供。
コリン リューナネン, コリンカイラ, フィンランド
ホームステイ型宿泊施設のKolin RyynänenはKolinkylä村に位置し、レストラン、サウナ、庭園を併設しています。 Kolin Ryynänenの全客室には共用バスルーム設備、ダイニングテーブル、机が備わっています。 滞在中はバーベキュー設備、ツアーデスク、館内ショップを利用できます。...
コテージによっては、無料でボートが借りられるところが結構あります!
ボートの使用の際は、無料で用意されているライフジャケットを必ず着用するようにしましょう。

 

 

注意1:タクシーで来た人が宿泊する場合

宿泊施設を決める前に必ずチェックしてほしい のが、スーパーの場所

もし自家用車ではなくタクシーでコリに宿泊しに来たなら、

宿泊中の食料の確保は徒歩で行わなければなりません。

うっかりしていると、宿泊先がスーパーから何キロも先だったなんてことも。

ちなみに、コリ周辺で唯一のスーパーはここです。
注意2:コテージを去る時は掃除して!

宿泊最終日。

忘れてはいけないのは、部屋の大掃除です!

ホテルのように見えるこんなきれいなコテージでも、

隅々まで掃除しなければならない決まりになっています。

掃除が行き届いていないと、罰金です。

ただし、宿泊施設によって異なることもありますので、
事前に管理人さんにチェックすると良いでしょう。
諦めて掃除して帰るのもあり…。

 

 

ちょっと奮発。贅沢な眺めのホテルに泊まろう!

料金:大人2人で1泊1万5000円くらい
おすすめの人数:2人

Koli のホテルと言えば、こちらのホテル。

Ukko-Koli の山の中にある高級ホテルで、部屋の眺めが最高と言われています。

朝起きたら、山の山頂の眺めを独り占め!最高の目覚めが経験できそうです。

ここに宿泊するお客は、ダウンヒルスキーのリフト場でスキーをレンタルできるようです
★★★★ ブレイク ソコス ホテル コリ, コリンカイラ, フィンランド
コリ国立公園内に位置し、ウッコ・コリ・スキー場にスキー・トゥ・ドアでアクセスできるホテルです。Break Sokos Hotel Koliは、グリルレストラン、スパ(屋内プール、屋外ホットタブ、サウナ3つ付)、無料Wi-Fiを提供しています。 Break Sokos Hotel...

 

スオミの旦那と一生一笑のあおいさんがこちらのホテルのレポを動画にしています

ホテルではもちろん掃除しなくていいです!笑

 

 

ハイキングコース

地図

https://www.nationalparks.fi/kolinp/directionsandmaps

 

夏用の登山道地図

https://julkaisut.metsa.fi/assets/pdf/lp/Esitteet/koli-makrankierto-eng.pdf

冬用の登山道地図

https://julkaisut.metsa.fi/assets/pdf/lp/Esitteet/kolieng.pdf

 

もっと詳しく、山用の地図を見たい!という方はこちらから。

Retkikartta - Metsähallitus

 

スタート地点

スタートはいつもここから。

SOKOSホテル付近です。

先ほど述べたように、まずこのスタート地点に着くには

駐車場から無料のケーブルカーに乗って、SOKOSホテルやお土産屋さんがある

広場に上がってこなければなりません。

そこからスタートです。

 

人気のハイキングコース Ukko-Koli山 のコース
所要時間:30分 (雪なし)

フィンランドで最も知られている景色(シベリウスの見た景色)を見られるコースです。

とても歩きやすく、写真スポットが盛りだくさん。

ハイキングコースはこちらからチェックできます。

Kolin luontokeskus Ukko

 

他のコースに関しては、こちらから見ることができますが、

とってもテキトーに書かれています。

Summer Trails - Nationalparks.fi
Summer Hiking

コースに関する情報が少ないですが、現地に行けばわかりやすい看板や、

他の登山者がたくさんいますので、迷うことはないでしょう。

 

山の中の焚火施設

誰でも自由に使えます。

近くに木が積まれていることもあるので、そこから自由に薪を取ってきて、火をつけてみましょう。

帰るときは、マナーとして、少々綺麗にしてから立ち去りましょうね。

焚火施設以外では、勝手に焚火をたかないでください。
その他注意点については、こちらをご覧ください。

 

トイレは?

トイレは山の中にはありません。

そのため、コリ国立公園の入り口である

ソコスホテルコリにてあらかじめトイレを済ませておきましょう。

 

こちらのブレイクソコスホテルコリの内部にあるトイレ、

または隣接する Koli Shop Rekitupa というお土産屋さんのトイレ

無料で使用することができます。

とても綺麗で近代的なトイレです。

 

 

 

コリに行くときの持ち物

お昼ご飯

山で焚火するなら、マッカラ(太いソーセージ)は必須!

マスタードとマッカラをリュックに忍ばせたら、

フィンランドスタイルBBQ の準備は万全です。

 

ただ、焚火をあてにしていると焚火が見つからなかった場合に困ります。

スーパーでサンドイッチなどを購入し、持参しましょう。

コテージでお米を炊いて、おむすびを持って行くのもおすすめ!

私は、マッカラは生でもかじるけどね。

 

マッチ、ライター、ファイアースターター等

当然、焚火場に着いたら自分たちで火を起こさなければなりません。

そんな時に火起こしグッズがあると便利です。

 

軽い長そで

どの季節でも、あって後悔はしないでしょう。

とにかく、重ね着 です!

冬は脱ぎ着のしやすいウィンター向けジャケットを着ていきましょう。

 

虫よけグッズ(夏)

夏は必須!虫よけスプレーなどはあってもあまり変わらないほど、

蚊が襲ってきます。

筆者は今度夏に行くときは、この網付きハットを持って行こうと思っています。

 

他は特になにもいりません。

もちろん少々はお金を持って行きましょうね。

 

コリに関して何か知りたい情報ございましたら、サイトのトップページの「お問合せ」からぜひお気軽に質問していただければと思います。

 

 

 

それでは、美しいMetsä へいってらっしゃーい!Hvää Matkaa!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました