【さくっとまるわかり!】得する保険?返却時の注意点?レンタカー旅 in フィンランド

フィンランドいろいろ
SNSフォロー

 

~ レンタカーで旅するフィンランド ~

フィンランドは車が少なく快適なドライブが楽しめます。

また、レンタカーも比較的安いです。

自然がとても綺麗で、ドライブしていても飽きるということがありません。

 

ドライブしながら眺める、青々した湖の綺麗なこと…

自分の車だと、好きなところで停車できるのもいい点です。

 

フィンランドの道路事情

人口が少なく、車も少ない

ヘルシンキ周辺は人や車が多いですが、

ヘルシンキの中心部を外れると、もう車の多さを心配する必要はありません

 

そのため、慣れない 左ハンドル&右通行 のドライブでも、

比較的リラックスして走行することができます。

特に、コテージなどの山奥への道には、人っ子一人いない状態が普通。

ごくまれにムースとの衝突事故があるそうですので、あまり早いスピードは出さない方が安全!

 

車線は1車線が多い

フィンランドは一車線道路が多い印象です。

分岐点などは二車線になったりするのですが、

一本道の場合は車線1本で、たまに後ろの車が追いこせるように

駐車帯のような道路部分がところどころに設けられています。

 

大型トレーラーに注意

車の通りの少ないフィンランドですが、

少し危険を感じるのが大型トレーラーです。

とても大きいので、出くわした際はよけて通りましょう。

 

国際免許証の取り方

免許センターですぐ取れます

国際免許証は、ご自宅の地域の

・警察署にある運転免許課
・運転免許センター
・運転免許試験場

で申請すれば、その場でくれます

(免許証を英語に書き換えてくれる、というだけなので時間はかかりません)

だいたいは平日のみ受け付けていますが、土日に営業している場合もあります。

問い合わせしてみましょう。

申請のための持ち物

・日本の運転免許証

・渡航予定であることを証明できる書類(パスポート、飛行機チケット、ツアーの旅程表など)

・写真1枚

縦5センチメートル×横4センチメートル、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし、申請前6か月以内に撮影したもの。パスポート用のものより大きいサイズですのでご注意ください。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/kokugai/kokugai01.html

・以前使用していた国外運転免許証がある方はそれも持って行きましょう。

 

費用

発行にかかる費用は、地域によって異なるようですが、

平均して3000円以下である場合が多いです。

 

返却

国際免許証の有効期限は1年です。

有効期限が切れたら、近くの運転免許センターや試験場にて返却しましょう。

筆者は申請した際に「絶対返却してください」と強く念押しされました。

 

レンタカーは日本から予約できる

WEBで一番安いレンタカー会社を見つけよう

日本からWEBで検索して安いレンタカーを見つけましょう。

現地で借りるよりも気が楽ですし、車を借りられないというトラブルを避けることができます。

ただし、あまり小さな無名の会社は避けた方がいいかもしれません。

私の場合は、RENTALCARS.COM で検索予約しました。

Pardon Our Interruption

ちなみに、日本で借りるより安いと思います。

 

車の多くはATではなくマニュアルシフト

フィンランドではマニュアルカーが圧倒的人気。

レンタカーも、ほとんどがマニュアルカーである可能性が高いです。

ATもあるのですが、レンタルの価格がやや高めに設定されています。
しかも、数がすごく少ないのです。

 

ちなみにフィンランド人になぜマニュアルが多いのか聞いてみたところ、

マニュアルカーのが操縦してる感が楽しいじゃん。眠くならないし。

とのことでした…(笑)

 

保険のカバー範囲

車をレンタルすると、ある程度適応してくれる保険が自動的に付いてきます。

しかし、すべてを保障してくれるわけではありません。

万が一の時、保険でどこまでカバーしてくれるのかは、とても大事なところです。

 

rentalscar.com のレンタル規約に次のようにあります。(2020/5)

規約は変更の可能性もあるので必ずご自分でご確認くださいね。

 

レンタル料金に含まれているもの

保険、カバー、免除

自車両損害補償保険

    レンタル中にレンタル車両に対する損傷が発生し、自車両損害補償保険の補償範囲内の場合、お支払いいただく修理代金は最大でも定められた免責額までです。 本補償は貸渡約款が順守された場合のみに有効です。その他車体部位(例:ガラス、タイヤ、内装、屋根、車台)、請求金額(例:けん引料金、オフロードタイム)、車内用品(例:チャイルドシート、GPSデバイスまたは個人の所持品)は補償されません。

第三者傷害保険 (TPL)

    本補償は、ポリシー補償範囲の負傷や物的損害に対する運転者の賠償責任を補償します。運転者の負傷やレンタカーへの損傷は補償対象外です。本補償は貸渡約款が順守された場合のみに有効です。

盗難保険 (TP)

    レンタル中にレンタル車両が盗難に遭い、盗難保険の補償範囲内の場合、車両の買い替えのためにお支払いいただく金額は最大でも定められた免責額までです。本保険は貸渡約款が順守された場合のみに有効です。

 

保険のカバー範囲を広げる

先ほど述べた通り、

付帯する保険では、すべてをカバー(フルプロテクション)はしてくれていません

そのため、日本で申し込んでいなくても、

現地で実際に車を借りるときに、オフィスでフルカバーの保険を追加するように勧められます

 

フルプロテクションの中身

以下のフルプロテクションの案内は、RENTALCARS.COM に掲載のものです。

内容についてもよく吟味する必要があります。


フル・プロテクション …心の安らぎのために

車両受け取り時、レンタカー会社の営業所にてデポジットがクレジットカードに課金されます。車両の損傷や盗難等が発生した場合、このデポジットは返金されない可能性がありますが、フル・プロテクションに加入していれば、RentalCover.comが返金を行います。現地で高額な保険に加入する必要がありません。免責とは

 

補償される内容:

補償なし 

フル・プロテクション

1日あたりわずか ¥2,592

車両免責 Not covered Covered
ウインドウ、ミラー、タイヤ Not covered Covered
管理・故障費用 Not covered Covered

出典 RENTALCARS.COM

 

フルプロテクションは高め

フルプロテクションは結構良いお値段がします。

しかし、安心のための出費は惜しまない方が良いのです。

海外でただでさえ不安なところに、トラブルを起こすとかなり厄介なことになります。

 

他の保険会社のフルプロテクションに申し込む

先ほどご案内した、Rentalcars.com のフルプロテクション。

レンタカー会社のオフィスで申し込むか、あるいは日本で予約時に申し込むのですが、

実は、他にこのようなフルプロテクションを扱う保険会社も存在していて、

そちらの方がかなり安くなることもあります

 

こちらは、 RentalCover.com という会社から

メールで案内が来たので、それにそって申し込みをした例です。

レンタカー会社の保険に比べてかなり安くなった印象です。

私の場合はだいたい半額になりました。

RentalCover.com — あなたのレンタカー保険で節約する
あなたがレンタルデスクで支払う価格のほんの一部で、大きな価値の衝突損害補償保険。 1週間に$ 134を節約!...即刻の見積もりを取得する→

 

クレジットカードの付帯保険でカバーできない?

クレジットカードには、たいてい海外旅行保険が付帯しています。

しかし、一般には レンタカーによる自動車事故は適用外 です。

クレジットカード会社によく確認しておいてください。

中には特約で対応しているものもあるようです。
また、一般的な海外旅行保険でも、
自動車の運転に伴う事故などはカバーされないようです。

 

夏にドライブすると、道端の野草がこんなふうに咲き乱れる様子を楽しむことができます

現地でレンタカーを借りる時の注意点

フィンランドで運転する人を登録をする必要があります。

その際、運転手が複数いる場合は、

それを申告して追加料金を支払う必要があります。

 

これも少しお金がかかることですが、

少しでも運転する可能性があるのなら申し込んでおきましょう。

追加していないと保険がきかなくなります。

またオプションでナビなど色々付けられますが、筆者は特に必要性を感じませんでした。
むしろスマホでグーグルマップを使用する方が便利です。

 

乗り捨て時の注意

ヘルシンキから乗ってきたけど、ヨエンスーで乗り捨てして、帰りは電車を使いたい!

そんなときは、違う場所に乗り捨てするように設定できます!

しかし、その場合は、やや料金がアップ しますので、契約時に確認しましょう。

 

車を綺麗にして返す

車を綺麗にして返さないと、追加料金を請求 されたりするようです。

借りるときにデポジットを取られているので、最悪それが返ってこないこともあるかも。

あまり神経質になる必要はありませんが、車は綺麗にして返しましょう。

 

乗り捨てでの対応例

乗り捨ては時間と場所がきちんと決められています。

事前によくチェックして迷うことのないようにしましょう。

 

レンタル会社のない地域にも乗り捨てできる のですが、その場合、

提携の他のレンタカー会社や、自動車のディーラーなどのオフィスへ返すことになります。

 

時間はアバウトかも

(経験談)

提携のショップ(たぶんBMW…)へ返却にいったところ、

「聞いてない」といわれてびっくりしたことがあります。

 

返却場所のメールなどを見せると、

「あっちに置いておいてくれ。キーはそこの郵便箱に入れておいて・・・」

なんていう対応で二度びっくりしましたが、

従業員は「奴らはいつもこうなんだよ」ってウインクしていました。

よくあることみたいです。

 

ちょっとでも遅れると超過料金取られると思って急いだのですが、

その時は予定返却時刻に関していい加減でした。

ノニーン!

ちなみにフィンランドは高度なクレジット社会です。
ガソリンを入れるときにもクレジットカードは必要になる ので、
くれぐれも忘れずに。

コリ国立公園にレンタカーで遊びに行こう!

レンタカーで、ローカルしか目の当たりにできない絶景を見に行こう!

いくつもの森を超え、奥深く進んでいったところに、ローカルの見るフィンランド が存在します。

レンタカーならではの楽しみ方で、フィンランドの魅力を余すことなく楽しんでください。

 

私のおすすめはコリ国立公園!

湖水地方のドライブの最終地点にいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました