【経験談】フィンランド人は何割くらい英語を話せる?訛りと発音も

フィンランドいろいろ
SNSフォロー

フィンランド人は英語がペラペラ?

 

EFが出している English skill の世界「英語ペラペラな国」ランキングがあります。

この2019年の調査によると、フィンランドは世界7位です(ちなみに日本は53位)。

出典:https://www.ef.com/wwen/epi/

スウェーデン、ノルウェー、デンマークに比べると、少し劣りますが、

それでも英語ペラペラそうな国ですね。

 

でも、本当にペラペラ?

私の印象では、みんながみんなしゃべれるわけじゃない

思ったほどは、しゃべれないな、と言った感じです。

しゃべれない人には、3割くらいの確率で出会ったかな…。

 

大学にいる人は100%と言っていいほど、皆さん英語が話せますが、

話せない人はお年寄りだけではありません。

若い人でも、全くしゃべれない方にたまに出会います。

特に田舎だとその傾向が強いように思います。(必要性がありませんしね)

 

ヘルシンキではだいたいの人が英語ペラペラです。

こちらの動画では、ロシアの人が、ヘルシンキの人々に英語でインタビューしています。

大学では英語で授業が受けられる

大学では、フィンランドだからといってフィンランド語で授業を受ける必要はありません。

大学では、留学生向けとフィンランド人学生向けに授業が分かれており、

留学生向けはすべて英語で開講されます。

ちなみに、フィンランド語で行われているフィンランド人学生向けのものも取りたければ取れます。

 

留学生向けの授業は、フィンランド人の教授が英語で授業を行うのですが、

とても流暢なので不便はありません。

少しフィンランド語の訛りがある時がありますが、学業に支障が出るレベルでは決してありません。

 

こういうわけで、大学での英語の通用割合はほぼ100%と言ってよいのではないでしょうか。

ただし、大学でのフィンランド人との交流はそもそも難しいです。

日本の大学でも、留学生と日本人学生が分離してませんか?

ちょうどあんな感じで、互いに関わる機会はあまりありません。

仲良くなれるフィンランド人は、だいたい留学生に興味があってイベントに参加してくる人です。

食堂では、フィンランド人同士はフィンランド語で話しているので、正直割り込みづらい。

大学に正規留学する際などには、英語試験の得点を提出しなければなりませんが、
TOEFL ibt と IELTS どちらでも大丈夫です。

 

訛りはあるのか?

あります!

もちろん個人差は広く、聞き取りづらいと感じる人から、

ネイティブにとても近いと感じる人まで幅広くいます。

 

~発音の特徴~

① どちらかというと英国英語が多い

学校教育では先生によって、アメリカ英語もイギリス英語も習うようですが、

やはり地理的に近いイギリス寄りになってしまうのでしょうか…。

発音や単語において、イギリス英語の使用率が多い気がします。

代表的なのが、「Programme」。これは英国英語のスペルで、アメリカ英語では「Program」というスペルです。
フィンランドの大学のHPを見てもらえるとわかりますが、みな「Programme」の綴りを採用しています。

ちなみにフィンランドの小中学校の英語教育では、

アフリカ英語やインド英語など、訛りの入った英語のリスニングが実施されているため、

フィンランドの学生は、各国の留学生が話す訛りの強い英語もなんのそのです。

日本の英語教育もそんな風になったらいいのに…。

 

② Rが巻き舌になりがち

フィンランド語の発音は、結構日本語に近いものがあります。

ただし、Rの発音だけは全く違うのです。

フィンランド語のRはスペイン語のような巻き舌のため、

彼らは幼少期からRを巻き舌で発話する練習をさせられています。

私はRがなかなか習得できなかったので、小学校の頃、よく居残り練習させられていました(笑)

 

このため、英語のRの発話方法を正しく習得できていなかったり、

フィンランド語から急に英語で話し始めたりすると、

英語でもRの発音が巻き舌になりがちです。

ちなみに、結構な人がRにフィンランド語の癖がついています。

 

この方は、フィンランド人の英語アクセントのステレオタイプを話しています。

フィンランド人はRを巻き舌で話します、ということを、彼自身も強めのRの発音で説明しています。

でも彼が言うように、結局「発音ってそんなに大事?」

英語の高度な構文や単語を用いて、

ネイティブレベルの会話を交わすフィンランドの人たちの前で、

私は頭が上がりません…。

③ 総じて単調な話し方

フィンランド語のイントネーションは極めてフラットです。

基本的に、文章の頭に一番高い抑揚を付け、文章の後ろに向かうにしたがって、

徐々に下がっていくような話し方です。

 

例えば「マリメッコ」。日本人は が一番高い所になるように発音しますが、
フィンランドでは、 が一番高い所で、 に向かうにしたがって低くなります。


英語は、その単語によって、イントネーションの強い部分と弱い部分がありますが、

彼らは英語で話していてもフィンランド語のフラットなイントネーションの癖が出てしまうため、

意識して抑揚をつけるよう練習しなければなりません。

実際に、英語ネイティブのように抑揚をつけて話せる人は少ないです。

 

 

と、英語ネイティブの英語と比較して、フィンランド人の英語にいちゃもんつけてみましたが、

総じて皆さん、綺麗な発音で、流暢な英語を話しています。

 

「訛ってる!!」という感じではなくて、

どちらかというと「特徴のない話し方」

それがフィンランドイングリッシュです。

 

実際に聞いてみよう

二つのビデオをご紹介します。

 

こちらはややフィンランドアクセントが強めのお二人。

フィンランド人の英語と言えばこれ、という印象。

私の留学先の大学の先生は、みんなこんな感じの口調でした。

こちらの男の子はほとんどアクセントが残っていない、クリアな英語を話しています。

大学で留学生とよく交流しているフィンランド人学生の英語といった感じ。

もちろん人によります。

 

 

英語が通じなかったシーン一覧

以下では、私がフィンランドの東、ヨエンスーという田舎町に交換留学した際に

体験した「フィンランドの人に英語が通用しなかったシーン」を取り上げます。

こんな感じなんだなぁー、とイメージをつかんでみてください。

経験その①

こちらの留学体験記第2話にて登場した、「タクシーのおじさん」

第2話 【深夜、異国で迷子になる】最悪な留学先!?/Joensuu1日目
フィンランドはヨエンスーに初めて降り立った私。飛行機を逃したり、チューターがこないなどのハプニングの果てに、留学先は第一印象最悪。ほんとうにここで1年も暮らしていけるのか?!

英語、話せませんでした。

ヨエンスーで初めて話した方だったので、

もしかしてこの町の人は英語しゃべらないのか!?と冷や冷やしましたが、

実際そんなことはありませんでした。

 

経験その②

ヨエンスーのキオスクのお姉さん。

30代、40代くらいの方なのですが、英語がうまく話せないようでしたので、

英単語で会話して、SIMの契約を行いました。

(心が通じ合えば、単語だけでも問題ない!)

ヨエンスーのKioskiの店員さんは英語があまり得意でない人が多い印象でした。

ヨエンスーは、大学では誰でも英語がしゃべれますが、

街中の店員さんの中には、あまり流暢でない方もまぁまぁいます。

ですが、1年暮らした中では、全く問題がありませんでした。

 

「街中で英語使えなかったら、英語上達しないんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、外食は高くてほとんど利用しませんし、

ショッピングというショッピングもしません。

だいたい、大学にこもるか、大学の友人と遊んでいるので、

そもそも街中で会話する機会がないです。

 

スーパーのレジなんか、

「レシート要りません」と言うだけなので。

むしろフィンランド語でレシート要りませんの言い方を覚える方が早いです。

ちなみに、「Ei, kuittia, kiitos」と言います。
「エイ、クイッティア、キートス」です。

しかし、いったんフィンランド語で返答すると、

向こうはあなたがフィンランド語を話せる人と思ってしまい、

フィンランド語をまくし立ててくることもありますので、一か八かです!(笑)

 

経験その③

ヨエンスーにて、お散歩中のおじいさんたち。

私はなぜか、一人で散歩していると必ず必ず

お散歩しているおじさまたちに話しかけられます。

フィンランド語で

 

 

なぜアジア顔なのにフィンランド語で話しかけられるのか、

不思議だったのですが、この前謎が解けました。

気になる人はこちらから。

顔が語るステレオタイプ
中国の人にしょっちゅう間違われる筆者。しかし、フィンランドではフィンランド人に間違われる....???無限のステレオタイプが生まれる人の顔って興味深い。

 

経験その④

フィンランドの西側、オウル付近の田舎に旅行した時。

ヨエンスーよりも田舎なので外国人も珍しく、

英語が話せる人の方が珍しいほどでした。

 

そんなある日、ライ麦畑のど真ん中、-20°の世界で迷子になりました。

携帯は気温が低すぎるせいで、突然のシャットダウン。

助けを求めて老婦人の家に押しかけましたが、英語が通じず。

携帯が使えないので、Google 翻訳も使えません。

 

そんな緊急時に思い出したのは、

大学でちょこっと学んだ、なけなしのフィンランド語。

なんとか行きたい住所を伝えることができ、なんと車で送っていただきました。

 

もしここでフィンランド語を少しでも知らなかったらどうなっていたんでしょう…

大学の講義のおかげで、命が助かりました

留学する皆さん、フィンランド語講座を甘く見ずに、しっかり勉強しましょう。。。

 

話せない人は、まっったく話せないので、だんまりを決め込んでしまう人も少なくありません。
そんなときは、知っているフィンランド語の単語とジェスチャーで意思疎通を試してみましょう。世界共通の笑顔を忘れずに!

 

経験その⑤

ヨエンスーにて、スーパーのお兄さん・お姉さん。

「この商品ありますか?」と聞くのですが、

「ごめん、僕英語があまり得意じゃなくて…今英語が話せる人を呼んでくるからちょっと待っててね」

といったことがたびたび起きます。

全然英語が話せているのに、敬遠してしまう…なんだか日本人に似ている部分を感じます。

 

ちなみに、英語が国語ではないヨーロッパ他国に旅行した際、

同じようなことをスーパーの店員さんに聞きました。

「あ”?何言ってるかわかんないんだけど」

とめんどくさそうに店員さんに放置されることが多かったです。

比較はしたくないですが、フィンランドで店員さんで失礼な対応をされたのは

空港での一回きりです。

丁寧に対応してくださるので、恐れず英語で話しかけてみてください。

フィンランド人が【どうしても】言えない英単語!

リス

私が出会ったフィンランド人の約8割ほどが、

ど~しても言えない英単語がありました。(独断と偏見です)

それは、Squirrel(リス)

フィンランドでは野生のリスをよく見かけることがありますが、そのたびに

「すくぉぉれれ… ちょ、待って、すくうぉぉぁ… 待って、言えなーい!!(笑)」

と、苦しんでいます。

 

その理由は、やはりRの発音方法。

どう頑張っても、少しRが巻き舌気味になってしまうフィンランド人にとっては、

Squirrel は、Rを2回連続 で発音しなければならないため、

舌がこんがらがってしまうのです。

 

寿司

フィンランド語には SUSI(おおかみ)という単語があります。

SUSIはちゃんと「スゥシィ」と発音できるのですが、

SUSHIはなぜか「シュシィッ」… かわいい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました