”雪”はフィンランド語でなんという?ネイティブが最もよく使う、雪に関するワード12選!

フィンランドいろいろ
SNSフォロー

 

フィンランド語には、”雪” 1つとっても、たくさんの言い方があります。

今回はその中でも特に、日常生活で使う “雪” の単語 を、

フィンランド人のお友達に聞いてみました!

 

1 Lumi  – ルミ

ふつうの雪。(一番普遍的な表現)

 

2 Loska – ロスカ または  Räntä – ランタ または Sohjo – ソフヨ

ちょっと水っぽい雪。かき氷みたいな雪で、踏むとシャリシャリした感覚です。

 

3 Puuteri – プーテリ

パウダースノー。分厚く、降ったばかりの新雪を指します。

 

4 Pakkaslumi – パッカスルミ

少し固くなった雪。

 

5 Hanki – ハンキ

地面に積もった、固く分厚い雪。

広いエリアで降り積もった厚い雪の層を指します。

Pakkaslumi の広範囲バージョン。

 

6 Hiutale – ヒウタレ

一粒の雪のこと。

ちなみに、Lumihiutale – ルミヒウタレ は、雪の結晶のこと。

 

7 Kinos – キノス

雪の塊のこと。よく除雪車が作った雪の山のことを Kinos と言うそうです。

 

8 Kuurankukka – クーランクッカ

窓に施されたデザインのように見えるこれ。

実は、窓に張り付いた氷です。

レアですが、フィンランドではたまに見かけることができます。

地面にこの氷の花が咲くこともあるようです。

9 Pyry – プル

前が見えなくなるくらい、大量に雪が降ってる様子です。

少し風が強い。

 

10 tuisku – トゥイスク

めちゃくちゃ強い風の、雪嵐です。

水平方向から雪が飛んできます。

11 latu – ラトゥ

スキートラックのことです。

“スキー” といえば “クロスカントリースキー” のフィンランドでは、

冬、散歩していたら、絶対 latu を見かけます!

12 Lumiukko – ルミウッコ

雪だるま。

lumiは ”雪”、ukkoは ”おじさん” なので、「雪おじさん」…(笑)

 

 

冬景色が最も美しい、フィンランドの名山「コリ自然公園」に行ってみませんか?

冬のコテージで暖炉の火を囲んだり、ウィンタースポーツを楽しんだり。

冬山のてっぺんから見る夕日は、もはやこの世のものとは思えない美しさ。

私が実際に撮ったコリの絶景写真をこちらから見れます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました