どの日本食材を持って行く?フィンランドのスーパーで売ってる商品一覧

フィンランドいろいろ
SNSフォロー

 

フィンランドに留学・移住する皆さん、現地の食生活が心配ではないですか?

「何が売っているんだろう?日本食は売っているの?」

「アジアンマーケットはあるの?」

「食材の値段は高いの?」

そこで、この記事では、フィンランドのスーパーに売っている食材をまとめました!

日本から持って行く食材選びや、フィンランドでの食生活のイメージをつかむのにお使いください!

 

フィンランドのスーパー

大手スーパーは3種類

フィンランドにあるスーパーには、大きく分けて3種類あります。

・K-market(ケーマーケット)

・S-market(エスマーケット)

・Lidle (リドル)

リドルはドイツのスーパー。他のスーパーと比べて、
『価格が少し安め』『ドイツからの輸入品多め』です。

 

フィンランド国内のほとんどのスーパーは、

K-market系列か、 S-market系列で統一されています。

例えば、こちらの記事で紹介したフィンランドのコストコこと「プリズマ」は、S-market系列です。

フィンランドの大型スーパープリズマ & スーパーの利用方法
フィンランドのコストコ?「プリズマ」ってどんなスーパー??お会計の仕方からカートの使い方まで、ローカルが写真と共に徹底解説!

この記事では、フィンランドのレジの利用方法についても解説してるよ!

 

K-market と S-market の品揃えはあまり変わりませんので、

当記事では、代表して K-market で売られている商品をご紹介していきます。

 

アジアンマーケット

アジアンマーケットは、よほどの田舎を除いて、各地域に一店舗くらいの割合であります。

Google map で「Asian market in Finland」と検索しても、あまりヒットしないのは、

“Asian market という名前のアジアンマーケット” が少ないからです。

例えば、ヨエンスーには「Heili」という名のアジアンマーケットが最近できました。

 

しかし、一言にアジアンマーケットと言っても、品揃えはピンキリ。

ヘルシンキには「Tokyo kan」という有名な日本食材店があり、そこでは納豆も手に入ります。

一方、ヨエンスーのような田舎のアジアンマーケットには、あまり期待しすぎない方が良いです。

 

ちなみに、フィンランドの主な都会な都市というのは、

ヘルシンキ、エスポ―、タンペレ、ヴァンター、オウル、トゥルク…などの、

多くの日本人が訪れる都市です。

これらの地域には、だいがいアジアンマーケットはあります。

 

K-market に売っている食材

まずは、フィンランドのスーパーに実際に売られている食材一覧をご紹介します。

実は、K-market のオンラインストアがあり、そこから現地の食材を調べることができるんです!

K-Ruoka.fi – Kauppasi verkossa
Helpota arkeasi tilaamalla ruokaostokset netistä tai suunnittelemalla ostokset etukäteen. Meiltä saat aina tuoreimmat tuotteet. Nopea toimitus kotiovelle tai no...

ただ、こちらのサイトはオンラインストアのため、現地の値段と多少異なる可能性があります。

野菜や果物

野菜や果物の一覧はこちらから見ることができます。

K-Ruoka.fi – Hedelmät ja vihannekset
Helpota arkeasi tilaamalla ruokaostokset netistä tai suunnittelemalla ostokset etukäteen. Meiltä saat aina tuoreimmat tuotteet. Nopea toimitus kotiovelle tai no...

フィンランドのスーパーの野菜や果物の品揃えは、ぼちぼちといったところで、

値段は全体的に安いです。

 

野菜には、それほど珍しいものはありません。

レタス、トマト、キュウリ…等のベーシックな野菜が揃っています。

たまにサイズが日本のものと比べて小さかったり大きかったりします。

(人参は細くて小さい、マッシュルームは手のひら大…)

ジャガイモが破格の値段で大量に売られています。(しかも美味しい)

(手のひら大のマッシュルームレシピ)

【図解レシピ】日本で作ろ!フィンランドのマッシュルームベーコンチーズ
フィンランドの定番BBQ料理「マッシュルームのベーコン巻き」。インスタにて反響を呼んだレシピを公開します。

(おいしいフィンランドのじゃがいも)

じゃがいもレンチンするとフィンランド人に怒られる。
フィンランド人の目の前でポテトをレンチンしたら、予想外の反応が...!フィンランド人のじゃがいも愛が凄まじい。

 

注意点は、日本のコンビニによく売られているような、

「パックに入った外出先でも食べられるサラダ」は結構良いお値段がする、ことです。

要は、自分で作って食べろ、ということでしょうか。

 

 

一方、果物はまあまあ種類が豊富です。

マンゴーもパイナップルも、スイカもグレープフルーツもあります。

また、セロリの茎が赤くなったような見た目の果物「ルバーブ」や、

「クラウドベリー」と呼ばれる橙色のベリーなど、日本でお目にかからない果物もあります。

(↑ルバーブ)

 

モモも、コモモが潰れたような形をしていてカリカリした食感だったり、

リンゴが手のひら大と、とても小さかったり、

瓜のような見た目をしたメロンがあったりして面白いです。

個人的には、フィンランドのブドウが好きです!
皮も食べれて、種なしなのに、めちゃくちゃ安い!のです。

 

パン類やクッキー

パン類一覧はこちらから見ることができます。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/leivat-keksit-ja-leivonnaiset

フィンランドのパンは、陳列棚の半分が「色付き」です。

「色付き」とは、「ライ麦」のこと。

つまり、パン陳列棚の半分はライ麦パンなのです。

フィンランド人は「色付きのパンの方がヘルシー!」と考えているんです。
だから、日本の白い食パンを見ると「色付きのはないのか!?」と、途端に健康を気にし出します。

フィンランドのパンコーナーはとても充実しています。

日本でいう、スーパーの中にあるパン屋さんのようなものもあり、

甘いものからお食事系のものまで、カロリーが気になるようなパンが勢ぞろい。

 

中でも「Karjalanpiirakka カレリアンピーラッカ」は、フィンランドに来たなら必ず試してほしいパンです。

周りがカリカリのパイで、中身がおかゆという、フィンランド版おにぎりのような一品。

フィンランド人みんなのソウルフードとして愛されています。

実は、ヨエンスーあたりの地域(カレリア地方)発祥の食べ物なんです!

【簡単レシピ】もう失敗しない!カレリアンピーラッカの作り方解説
何回作ってもうまくいかなかったカレリアンピーラッカを、ついにうまく作れました!フィンランドの方に監修してもらったレシピを公開!

日本でも比較的簡単に作れます。このレシピをご活用ください。

 

フィンランドは、クッキーなどのお茶うけ菓子も大変充実しています。

フィンランドでは職場でのコーヒー休憩が義務付けられていることもあり、

皆さんお茶会が大好き。クッキーが充実しないわけがありません!

フィンランドで売ってる「下剤」という名の、ある食べ物。
英語で「下剤」という名の衝撃的な食べ物を初めて見たアメリカ人の反応。

ただ、中にはサルミアッキという、フィンランドの癖の強いお菓子が混入しているものもありますので、

黒いものが入っているクッキーには警戒しましょう。

 

こちらの記事では、(サルミアッキが入っていない)

筆者イチオシの、スーパーで買えるクッキーを紹介しています。

【随時更新】知る人ぞ知るフィンランドのディープなお菓子&スナック
ローカルが厳選した、普通なら見過ごしてしまうようなマニアックなフィンランドのお菓子やスナックを紹介!フィンランドで暮らすようにお菓子を楽しもう!

 

お肉類

ソーセージやステーキ肉、ハムなどの一覧はこちらから。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/liha-ja-kasviproteiinit

フィンランドは、魚こそほとんどありませんが、お肉類はとても充実しています。

特に加工肉類は本当にたくさんの種類があり、

ブルーチーズのソーセージ、レバースライス、ハムの塊など、珍しいものもあります。

こちらは、フィンランドのスーパーの「ハムコーナー」。

“ハム” だけで、なぜこんなに大きなコーナーができるのか、謎ですね…。

 

ハムよろしく、フィンランドではソーセージも大事な存在です。

フィンランドのソーセージには2種類あり、Nakki(ナッキ) と Makkara(マッカラ) と呼ばれています。

私たちが日常的に使うようなサイズのソーセージが「Nakki」で、小ぶりと称されます。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuote/atria-uudistettu-suomalai-nakki-500g-ym-6407870078421

 

もう一つのソーセージ「Makkara」は、これまためちゃくちゃデカい。

華奢な女の人の手首くらいあります。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuote/filos-kreikkalainen-makkara-340g-oregano-6416710350177

フィンランドの人に「森でBBQしよう」と言われたら、

おそらく「Makkaraソーセージを木の枝に刺してグリルする」ことを意味しています。

それほど、BBQでは必須アイテムなのです。

 

日本人にとても残念なのが、薄切り肉がないこと。

豚の生姜焼き、アスパラの肉巻きなどに大変重宝する「薄切り肉」が一切存在しないのです。

しょうがないので、私はいつもステーキ用の豚肉を買ってきて、お刺身のように薄く切って使っていました。

 

総菜・調理済み食品

調理済みのピザや、オーブン料理、パンケーキ、おかゆ、サラダなどは、こちらから見れます。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/valmisruoka

調理済み食品には、トナカイ肉のマッシュポテト添え、など、興味深いものもありますが、

あまりクオリティには期待できません…。

300円ほどのサンドイッチも、具材がほとんどなく、ソースのようなものだけ、というものも。

 

また、フィンランドのピザは、(調理済みと言いながらも)

家に持ち帰ってからオーブンで焼かなくてはならないものが多いです。

物価の高いフィンランドでも激安!美味しくてコスパの高いピザ事情
物価が高いフィンランドでも、ピザはとても安く買えるのです!スーパーに売ってる超巨大「メートルピザ」とは?

 

乳製品と卵

牛乳、チーズ、卵、バターの一覧はこちらから。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/maito-juusto-munat-ja-rasvat

 

フィンランドは乳製品がとても豊富です。

こちらの記事でもご紹介しましたが、フィンランドは「牛乳乳製品の1人当たり消費量」1位。

牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトに至っては、

各種、”短距離走ができるほど長い陳列棚” に鎮座しています。

 

こちらは、”完全にチーズだけの棚”。

この写真左下に見える円柱の形のチーズ、やけにデカいですが、一度に食べるわけではありません。

フィンランドの方は、この円柱状のチーズをチーズスライサーで薄く切って、

毎朝朝食のパンに乗せて食べています。

少しずつ、日々消費していくタイプのチーズです。

 

そして、フィンランドのチーズといえばこれ、「leipäjuusto(レイパユースト)」。

leipä=パン、juusto=チーズ、という意味です。

ラップランド地方伝統のチーズで、その名の通りパンのような食感のチーズ。

クラウドベリーのジャムを付けていただきます。

 

また、こちらの記事で紹介した「トナカイチーズ」なる「トナカイの肉が入ったチーズ」なども売られています。

【図解レシピ】日本で作ろ!フィンランドのマッシュルームベーコンチーズ
フィンランドの定番BBQ料理「マッシュルームのベーコン巻き」。インスタにて反響を呼んだレシピを公開します。

 

こちらはヨーグルトだけの棚。

え?牛乳もあるじゃんって?あれも実はヨーグルトです。

しかも、飲むヨーグルトではなく、ごく普通のヨーグルト。

このように、フィンランドのヨーグルトは牛乳パックに売られているものも少なくないです。

 

 

フィンランドは、乳製品に関してとても真面目(?)です。

例えば、牛乳と一口に言っても、低脂肪牛乳オーガニック牛乳成分無調整牛乳

無脂肪牛乳ラクトースフリー牛乳Piimäと呼ばれる酸っぱい牛乳

など、とてもたくさんの種類があります。

フィンランドの低脂肪牛乳は、個人的には薄味でさっぱりしていて飲みやすいと思っていますが、

牛乳臭くなくて、牛乳嫌いの子も飲めそう。

日本のような濃い味がよいという方は、脂肪分3.5%の牛乳が良いでしょう。

 

乾物・小麦類

パスタ、ラーメンなどの乾麺、砂糖、シリアル、小麦などはこちら。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/kuivat-elintarvikkeet-ja-leivonta

フィンランドは、乾麺がとても安いです。

一緒に留学していた日本人の先輩方は、毎日のようにパスタで自炊していたそう。

もちろん、チキンラーメンのようなものもあります。MAMAと呼ばれるタイの乾麺です。

ただし、カップラーメン(Nissin SOBAという名前)は少しお高め。

 

また、フィンランドは小麦の種類が牛乳と同じくらい多い!

僕はケーキを食べるだけで、そのケーキがどの小麦粉で作られているかすぐにわかるんだ。

全体的には、中力粉以上のものがほとんどで、お菓子作りにも強力粉を用いることが多いそう。

詳しく知りたい方は、こちらへ。

そういえば、カレリアンピーラッカを作った時も強力粉でした。

 

 

そして、シリアルも大変充実しています。

ナッツやベリーが入ったタイプ、チョコワみたいな子供向けのもの、オートミールなどなど…

フィンランドでは、オートミールをふやかして朝食に食べる人が多いのです。

 

缶や瓶詰め

ツナ缶やトマトパック、ピクルスなどはこちらから。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/sailykkeet-keitot-ja-ateria-ainekset

そうです、ツナ缶もあります!

私が個人的に嬉しかったのは、オリーブの瓶詰が安いことです。

日本では500円以上はするオリーブの瓶詰は、フィンランドでは0,99€=130円でした。

 

個人的に好きなのは、こちらのニシンの酢漬け。

ポテトと一緒にいただいたり、パンに乗せたりもします。

 

日本食材と、タコスやその他エスニック食品

タコスや、日本食を含むエスニック食品一覧はこちらからご覧になれます。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/texmex-ja-maailman-maut

フィンランドでは(というか北欧では)タコスが人気です。

スウェーデンでは、毎週金曜日はタコスの日と呼ばれているのよ!

そのためタコス関連食品が豊富なのです。

 

 

さて、ついに日本食材のご紹介です!

上記のリンクの一覧から、K-market(フィンランドの一般的なスーパー)に売られている

日本食(または私たちに馴染み深い食品)すべてを洗い出しました

商品を見たい時は、下記商品名を上記のリンクの検索窓に打ち込んでください。

 

  • パン粉:商品名(Yutaka Panko または Samlip Panko panerointijauho)
  • 照り焼きソース:商品名(Pirkka teriyakikastike または Santa Maria Spicy world Teriyaki Sauce Kastike または Blue Dragon wok.kast 120g teriyaki または Kikkoman Teriyaki maustekastike または Blue Dragon Teriyaki kastike または Blue Dragon Teriyaki ateriakastike または Go-TanTeriyaki wok-kastike Healthy Boy Teriyaki sauce または Blue Dragon Teriyaki kastike)
  • 海苔:商品名(Blue dragon Sushi Nori 5kpl paahdettu merilevä または Yutaka sushi nori-merilevä または Saitaku Nori Merilevä)
  • わさび:商品名(Pirkka Parhaat wasabi または Blue Dragon wasabitahna または Yutaka Wasabi piparjuuritahna 43g または Kinjirushi Wasabi maustetahna または Saitaku Wasabi Tahna または S&B wasabi maustetahna)
  • ガリ:商品名(Pirkka sushi inkivääri または Blue Dragon Sushi inkivääri または Yutaka sushi 190/115g inkivääri または Miyako sushi ginger pickled または Saitaku Sushi Inkivääri または GP Sushi inkivääri 190g luomu)
  • 生春巻きの皮:商品名(Blue Dragon riisipaperi)
  • すし酢:商品名(Yutaka Japanilainen riisiviinietikka または Pirkka riisiviinietikka または SM Asian Rice Vinegar または Kikkoman sushi riisiviinietikka または Saitaku riisiviinietikka または Blue Dragon rice vinegar 150ml Sushi Su)
  • しょうゆ:商品名(Kikkoman sushi ja sashimi soijakastike または Suzi Wan Soijakastike または Blue Dragon Japanilainen Soijakastike または Go-Tan soijakastike 270ml Ketjap Manis または Miyako sushi soy sauce Japan 150ml plo または Sahi Trading Marudaizu soijakastike または Yutaka Luomu Tamari soijakastike)
  • オイスターソース:商品名(Santa Maria Savory Sauce または Spice Up Osterikastike)
  • キムチ:商品名(Mausteinen kaalisalaatti Kimchi または Wang kimchi korealainen kaalivalmiste)
  • 日本米:商品名(Pirkka Parhaat sushiriisi または Blue Dragon sushiriisi または Saitaku Sushi Riisi)
  • ごま油:商品名(Blue Dragon Sesame Oil)
  • みりん:商品名(Yutaka Mirin makea riisiviini または Blue Dragon Mirin tyylinen maustekastike)
  • 味噌:商品名(Yutaka luomu misotahna または Yutaka Misotahna または Yutaka awase misokeitto maustet)
  • 照り焼き&ごま油ソース:商品名(SantaMaria Asian Wok Teriyaki & SesameOil maustekastike)
  • 照り焼き&生姜&ごま油ソース:商品名(Santa Maria Spicy World Teriyaki Sauce Ginger & Sesame kastike)
  • しょうゆ&ごま油ソース:商品名(Go-Tan Soy sesame wok-kastike)
  • しょうゆ&生姜ソース:商品名(Sahi Trading Inkivääri-soijakastike)
  • しょうゆ&ポン酢ソース:商品名(Sahi Trading Ponzu soijakastike)
  • BBQソース:商品名(Poppamies Amazing Korean BBG grillikastike または Bull’s-Eye BBQ Sauce Original または Stubbs Spicy Bar-B-Q Sauce または Sweet baby rays sweet n spicy bbq-kastike)
  • 寿司の巻き簾:商品名(Blue Dragon bambumatto)
  • 割りばし:商品名(Blue Dragon syömäpuikko 8kpl bambu または Yutaka bambusyömäpuikot )
  • インスタント味噌汁:商品名(Blue Dragon misokeitto merilevällä ja kevätsipulilla または Yutaka Misokeitto または Saitaku Misokeitto 72g 4 annosta)
  • 魚しょうゆ:商品名(Blue Dragon Kala kastike)
  • 寿司キット:商品名(Blue Dragon sushi ateriapakkaus)
  • 和風ドレッシング:商品名(Pirkka Japanilainen salaattikastike)
  • しいたけのピクルス(?):商品名(Siitakesieni marinoitu)
  • たけのこ:商品名(Suzi Wan Bambunverso)
  • しらたき:商品名(Miyata gluteeniton Shirataki udon nuudeli)
  • もやし:商品名(Suzi Wan Mungopavunidut 350/175g)
  • 焼きそば:商品名(Sahi Trading Itsuki Yakisoba nuudeli 510g 3 annosta)
  • うどん:商品名(Sahi Trading Itsuki Udon nuudeli 630g 3 annosta)
  • 札幌味噌ラーメン:商品名(Sahi Trading Itsuki Sapporo Miso Ramen nuudeli 186g 2 annosta)
  • 東京ゆずしょうゆラーメン:商品名(Sahi Trading Itsuki Tokyo Yuzushoyu Ramen nuudeli 172g 2 annosta)
  • 熊本赤辛ラーメン:商品名(Sahi Trading Itsuki Kumamoto Akakara Ramen nuudeli 103g)
  • 北海道ゆずしおラーメン:商品名(Sahi Trading Itsuki Hokkaido Yuzushio Ramen nuudeli 170g 2annosta)
  • 九州とんこつ風ラーメン:商品名(Sahi Trading Itsuki Kyushu Tonkotsu Ramen nuudeli 174g 2 annosta)
  • 大阪醤油とんこつ風ラーメン:商品名(Sahi Trading Itsuki Osaka Shoyu Tonkotsu Ramen nuudeli 176g 2 annosta)
  • 京都みそとんこつ風ラーメン:商品名(Sahi Trading Itsuki Kyoto Miso Tonkotsu Ramen nuudeli 182g 2 annosta)
  • ポン酢:商品名(Yutaka Yuzu Ponzu soijakastike)
  • 七味唐辛子:商品名(Shichimi Togarashi chilipippuri mausteseos)

 

以上、紹介した日本食一覧ですが、地域によって取り扱っている商品は変わります。

例えば、赤色で示した商品たちは、ヨエンスーのK-market で見かけたことはありません。

そんなもの、あったら大騒ぎです。

 

以下写真は、ヘルシンキの K-market。

 

冷凍食品

冷凍食品や、アイスのコーナーはこちら。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/pakasteet

何を隠そう、フィンランドはアイスの消費量がヨーロッパ1位なんです。

そのため、他乳製品と同じくらいアイスの種類も本当に充実しており、

アイスのコーナーも、短距離走ができるほど長いです。

『あんな寒い国なのになぜ!?』と思う方は、こちらをご覧ください。

アイスの中でも、フィンランドに来たなら絶対に試してほしいのが、この「Aino(アイノ)」アイス。

クリーミーで濃厚で、本当に美味しいんです!詳しくはこちら

 

少し面白いのが、こちらの冷凍食品「フィッシュフィンガー」。

指のような細長い形をしているため「フィンガー」と呼ばれています。

私は初めてご対面した時「魚に指なんてないよ?」と言ってしまいました(笑)

白身魚のフライで、結構人気な食材。大学の食堂でもたびたび登場します。

こちらはとあるフィンランド人の実際の食事。

ちなみに、左下は野菜のピクルス、右上はポテト、右下はビーツです。

 

お菓子・コーヒー・ソフトドリンク

チョコやポテチ、コーヒー、ジュース類一覧はこちらから。

https://www.k-ruoka.fi/kauppa/tuotehaku/makeiset-ja-naposteltavat

フィンランドは実はチョコレート大国!

フィンランドのチョコメーカーFazerは、日本人旅行者のお土産として大定番です。

Fazerの商品の中でも、私がおすすめするチョコはこちら。

【随時更新】知る人ぞ知るフィンランドのディープなお菓子&スナック
ローカルが厳選した、普通なら見過ごしてしまうようなマニアックなフィンランドのお菓子やスナックを紹介!フィンランドで暮らすようにお菓子を楽しもう!

フィンランドの一風変わったポテチの食べ方も、こちらから見れます。

 

また、フィンランドはキシリトールガム発祥の国でもありますよね。

フィンランドではこのようなムーミンパッケージの可愛いキシリトールガムをあちこちで見かけることができます!

フィンランドらしく、ベリー味のガムが多いです。

 

自分で調べてみよう!

さあ、これまで K-market で販売されている商品を紹介してきましたが、

お目当ての商品は見つかりましたか?

見つからなかった人は、自分で検索してみましょう!

 

方法は簡単。Google 翻訳でフィンランド語を調べて、検索窓に打ち込むだけです。

例えば、「米」があるかどうか見たいとき。

① Google 翻訳で調べると、米=Riisi。

② K-market のオンラインストアで「Riisi」を検索にかけてみる

③ 「米」一覧の結果が表示される

ちなみに、フィンランドで皆さんが一番使う種類のお米は、「Puuroriisi」でしょう。
こちらのお米、ほぼ日本米と同じ味です。

 

アジアンマーケットに売っている食材

次は、アジアンマーケットの商品をご紹介します。

先ほど述べた通り、アジアンマーケットの品揃えは地域差が激しいです。

そのため、ご紹介する内容はあくまで目安としてご覧ください。

 

こちらは、GoldenCrop というアジアンマーケットのオンラインストア。

Products | Golden Crop B2C

こちらのサイトはすべて英語表記です。

 

こちらのサイトを使って、「みんなが気になる食材」を調べていこうと思います!

インスタグラムで、「フィンランドに売っているかどうか、気になる食材」を募集しましたので、

一つずつ検索にかけていきます。

 

駄菓子

どこまでが駄菓子なのか、わからないのですが、

アジアンマーケットオンラインストアでは、ハイチューやキットカット、えびせんなどが見つかりました。

こちらからご覧ください。

 

カップラーメン

先ほど見た通り、カップラーメンは K-market でも売っていますね。

K-market で売られているカップラーメン一覧はこちらから見れます。

 

日本の惣菜

「お寿司、お好み焼き、天ぷら…などの日本の惣菜は売っていますか?」

という質問でした。

お寿司は売っています!

しかし、お好み焼きや天ぷらが出来上がった状態で売られているのは見たことがありません。

こちらは最近ヨエンスーにできたお寿司ビュッフェ。

ネタは、ほとんどがサーモンです。とびっこの軍艦やきゅうり巻きなどもあります。

 

そしてこちらは、なんと衝撃の「お寿司の冷凍」。

本当に冷凍食品の一つとして売られており、食べる時は常温で置いて解凍します。

味は…正直とてもまずかったです(笑)そしてお値段は1000円以上という…もう買いません。

 

フィンランドのお惣菜コーナーはどんなかというと、こんな感じ。

サンドイッチやお肉など、暖かい料理が量り売りで販売されています。

意外とお値打ちだったりしますし、味もおいしいので、フィンランドご旅行中の方にもおすすめ。

ただ、店員さんに「何gちょうだい」などと声を掛けなければいけないのが少し億劫です。

 

白だし、わかめ、漬物

白だしは、英語でも Shiro dashi のようです。

K-market オンラインストアでは見つかりませんでしたが、

アジアンマーケットオンラインストアでは一件見つかりました

白だしは日本から持参する方が良いかもしれませんね。

 

わかめも、merileväで検索してみましたが、k-market では売っていないようです。

アジアンマーケットオンラインストアでは、見つかりました

が、フィンランドでの日常生活で手に入るような代物ではなさそうですね。

 

漬物は、なかなか見つけるのは厳しそうです。

K-market ではもちろん見つかりませんでした。

アジアンマーケットの方では、それらしき中国の漬物?のようなものが見つかりましたので、

こちらからチェックしてみてください。

漬物は、1日くらいであれば常温でも大丈夫とどこかで見かけましたので、

恋しくなりそうな方は、日本からスーツケースに詰めてもってきた方が良いかも。

 

レモン汁

レモン汁も、K-market で普通に売られています!

 

ネギ

ネギは、少し厄介です。

フィンランドのスーパーには、ネギはあることにはあるのですが、

「西洋ネギ」と言われる、日本で見かけるものとは少し種類の違うネギです。

少し太めで、味が微妙に違うそう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

納豆

納豆はさすがに K-market にはありません。

しかし、アジアンマーケットにはたまに置いてあります

私はヘルシンキに赴いた時は、ヘルシンキのTokyo-kanに寄って、

お土産としてヨエンスーのみんなに納豆を買ってきていました。

都会のアジアンマーケットにはありますが、田舎にはない、という感じです。

 

納豆って実は手作りできちゃうので、長期滞在の方は納豆を手作りするのも一つの方法です。

*海外で簡単手作り納豆* by ちえるれい
簡単&節約&美味しい!家庭で納豆作り!

 

メロンパン

メロンパンは、k-market、アジアンマーケット双方共に見つかりませんでした…!

フィンランドの菓子パンもとても美味しいので、そちらで代用してみては?

(↑プリズマのカフェで食べた、よくわからないあんこ揚げパンみたいなもの)

 

片栗粉、めんつゆ

片栗粉は、フィンランド語では perunajauho(ペルナヤウホ)と呼ばれ、

K-market で簡単に手に入れることができます。

 

めんつゆは、検索をかけたところではヒットしませんでした。

ただ、以前Tokyo-kanでは見かけたことがありますので、都会のアジアンマーケットにはある可能性があります。

めんつゆも、自作できるとの情報がありましたので、同じく長期滞在の方は作ってみるのもいいですね。

レシピはこちら

 

かんぴょう

かんぴょうは、なんとアジアンマーケットの検索にひっかかりました

K-market にはもちろん売っていません。

 

調味料

フィンランドは調味料の種類がものすごく豊富です。

スーパーでは、調味料だけのコーナーが設置されています。

ほとんどの調味料はここから調達することができるでしょう。

 

ヴィーガン食材

フィンランドは、ヴィーガン、グルテンフリー、ラクトースフリー食材が豊富に揃っています。

こちらはスーパーのヴィーガンコーナー。

お豆から作られているヴィーガン用代替肉も売られています。

これらヴィーガン食材の調理例は、こちらから見れます!

【とあるフィンランド人の】ヴィーガンの一日の食事
ヴィーガンのフィンランド人の友人に、一日の食事の様子を写真に撮ってもらいました。フィンランドでは穀物消費量が多い?人気のヴィーガンアイスって!?

フィンランド人のヴィーガンのお友達の、一日の食事に密着した記事です。

 

以上、フィンランドのスーパーに売っている食材一覧と、

フィンランドで手に入る日本食一覧でした!

フィンランド渡航前で、現地の食生活に不安を抱いている方は、是非こちらの記事で

持って行く日本食を選ぶなり、現地でのレシピを考えるなり、

役立てていただければと思います。

 

他にも移住前に役立つ生活情報はこちら。

写真でフィンランドの冬をわかりやすく解説!気温や日照時間、服装まで
フィンランドのリアルな冬の様子をお伝えします!「服装、雪の量、気温、日照時間、体感温度」の5つの観点から、毎月の冬の様子を詳しく解説。
フィンランドの生理用品とコスメの質は?【フィンランド/ヨエンスー留学記】
フィンランドでは、大手化粧品ブランドの商品が破格で買えちゃったりするんです...。フィンランドの生理用品の質も詳しく解説しています。
【天才すぎる!!】フィンランドの食器棚と洗い方が革新的だった!
フィンランドの独特なシンクや食器棚、ちょっと変わった洗剤やタワシなど、キッチン事情を絵や写真と共にお送りします!

この記事が「役に立った!」「面白い!」と思ってくださった方、

このアイコンをカチっとお願いします!

(違うページに移動してしまいますが、それでポイントが加算される仕組みになっています)

筆者にとって、とても励みになります...!

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォロー
フィンランドいろいろフィンランド生活情報
スポンサーリンク
スーイのフィンランド留学日記

コメント

  1. MK より:

    インスタで片栗粉とめんつゆをリクエストした者です。
    連れの仕事の関係でフィンランドに引っ越すことになるかもしれないので、こういう生活の情報とても助かります!
    ありがとうございます!

  2. suvi より:

    わざわざコメントをくださってありがとうございます!とっても嬉しいです!
    お引越し、うまく行きますように^^

タイトルとURLをコピーしました