Tidal Wave【和訳】トムミッシュが海洋汚染を批判!

留学&英語
SNSフォロー

 

Tidal wave(高波) – Tom misch 

Youtubeのコメント欄でもありましたが、

みんながヒット曲を作ろうとする中、

純粋に音楽を愛し、音楽への忠誠心と芸術性を日々高めようとするアーティストは近年珍しく、

トムはその数少ない中の一人だと思います。

 

今回の曲「Tidal Wave」は、シンプルでスマートながらも、

どこか懐かしさを感じる、重ためのメロディーラインに、

環境汚染への批判メッセージを込めた作品となっています。

たった一つの私たちの星、地球に広がる、青い美しい海を思い浮かべながらご覧ください。

和訳

(青の部分はGenius lyricsからの引用です。ところどころ歌詞に間違いを発見したため取消線を引いています。)

Everybody knows inside that this won’t stop

心の奥では、もうどうしようもないことはわかってるだろ?

The rain coming down tonight, we just watch

雨が降りしきる今夜、僕らはただ見てるだけさ。

I know it’s too late, I had so much I wanna say

もう手遅れなんだ。いっぱい言いたいことはあったけど、

We’ll just have to wait

もう遅い。もう待つだけさ。

Everybody knows we’re done as the lights go off

電気が消えたら、僕たちは終わりさ。わかってることじゃないか。

Had all the time in the world and now it’s lost

あんなに時間があったのに、僕らは全部無駄にした。

The skies blood red is the last time you will reach your cause across

血のように真っ赤に染まる空へ、君は最後に、手を伸ばすだろう

Skipping away

Slipping away

そうして、失われていくんだ…

Chaos

あぁ、もうあとはカオスさ

Throwing Growing midnight like a tidal wave

高波のような闇夜に飲まれていく…

Raindrops

雨粒が

Filling up your eyes as the water takes the stage

目に溜まっていくんだ…水が攻めてくるにしたがって。

Everybody knows inside that we had it good

みんな胸の奥では知ってることだろう、楽しい時を過ごしたけれど、

Good things don’t last like we thought they would

それがずっと続くなんて、都合のいいことを僕らは考えてたんだ。

I got a front seat watching all unfold in front of me

僕は、特等席で、ずっと事のすべてを見ていた。

It’s only the end

もう残るのは、終わりだけさ。

Goodnight

もうおやすみ。

Over but it’s not away the way I’d I choose

もう終わった。僕ならこんな道は選ばなかったけれど。

me or you

君か僕か、なんて選択肢ね。

【繰り返し】
Chaos
Growing midnight like a tidal wave
Raindrops
Filling up your eyes as the water takes the stage

 

用語解説

Growing midnight like a tidal wave

個人的にこの曲で一番好きな表現です。

夜がだんだん更けて、空が夜に飲み込まれていく様子と、

高波が押し寄せてきて、私たちを飲み込む様子を

重ねているのですね。

 

自然環境が将来昔の状態に回復できるかどうかは、ここ数年の私たちの行動にかかっていて、

この機会を逃すと、もう二度と、自然が回復することは望めなくなる、と言われています。

「もう遅いんだ。後は夜/高波(=自然破壊)に飲み込まれるのを待つのみさ」

と、トムさんは歌っているのではないでしょうか。

 

後に出てくる「Good night」も、この闇夜とかけているのでしょう。

寝る=夜が迫る、ということで、夜(=自然破壊)が迫ってくる様子を表していると読めます。

 

we had it good

Have it good で、苦労のない楽しい時間を過ごす、楽な時間を過ごす、です。

この歌詞の中では、Had なので、

楽しい時を過ごした(今までのような裕福な時はもうやってこない)、となります。

 

 

短い歌詞の中でも、比喩がふんだんに活用されていて、

アーティスティックな表現の中に、強いメッセージ性を感じます。

 

やはり音楽というのは、人の心に直接訴えかける力がありますね。

歌詞の一言一言に込められたパワーが、トムの柔らかな歌声に乗せられて、

私たちの胸に突き刺さります。

 

 

トムミッシュの他の曲も聞いてみたい!という方はこちら!

【マニアがまとめた】Tom Mischの曲リスト一覧完全網羅!(トムミッシュ)
トムミッシュが大好きすぎて、彼の関わった楽曲をほぼすべてまとめたマニアの記事。
この記事が「役に立った!」「面白い!」と思ってくださった方、 このアイコンをカチっとお願いします!
筆者にとって、とても励みになります...! 最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォロー
留学&英語 英語
スポンサーリンク
スーイのフィンランド留学日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました